2015年10月 8日 (木)

今までありがとうございました!

ご無沙汰してしまいました…。
私は相変わらずの調子で、マイペース&元気にやっております(^-^)

ここ数ヵ月、色々なことがありました。
実家の愛猫が亡くなったこと。
車を買い替えたこと。
などなど。

辛いことも多かったけど、なんとか乗りきってこれました。

そして、来月は40歳…(´・ω・`)
いや、まだまだこれから♪ですね(^-^)

キリの良いところで、突然ではありますが、このBlogも閉鎖しようと思います。

ネット環境がスマホ中心になり、プロバイダの契約をメールのみのプランに変えようかと。
また、今は無料でBlog開設ができるし、スマホで気楽に書き込める所に移ろうという考えです。

20年ぐらい「うり♪」と名乗ってきて、色々な出会いと別れを繰り返してきました。
本当に大事にしたい人達は、今も傍にいてくれます。
時には心配してくれたり、励ましてくれたり。大切な友達です。

プライベートな部分では「うり♪」として居ようと思いますが、公の場では封印します。

大学入学から就職、結婚して離婚(苦笑)、GADと鬱を抱えて療養し、社会復帰してここまで来れました。
この先も何があるか分かりませんが、自分のペースで歩いていこうと思います。

今まで支えてくださった皆さんに感謝の気持ちをこめて。

どうか、お元気で。
ありがとうございました!

|

2014年12月27日 (土)

今年ももうすぐ終わり

1年はあっという間。今年もあと数日で終わろうとしています。

今年は本当にいろいろなことがありました。まず、仕事を変えたこと。とはいえ、福祉関係の仕事には変わりないのですが・・・。ただ、質も量も倍以上のものを求められるようになりました。まだまだ日々勉強。帰りの車中では一人反省会です。でも、やっぱりお子さんの笑顔が見られるっていうのが一番嬉しいし、やりがいのある仕事だなぁと思います。児童福祉からは少し離れていたけれど、また戻って良かったなぁと。
女性の多い職場ですが、皆さん良い人たちばかりで。よく友人から職場の女性関係ってギスギスして嫌!と聞くのですが、そういったものは全然なく。今日も飲み会に誘われて、行ってきます(*゚ー゚)

次は、やはり入院のことかな。身体を悪くしての入院は初めてでした。順調に回復して今に至ります。健康第一だなぁとひしひし感じます。定期的に通院はしているけれど、特に異常なし。来年も診察が待っておりまする。

あとは、父親の事故かなぁ。本当にびっくりしました。たまたま仕事が休みの時だったので、すぐ病院まで駆けつけることができて。大きな事故ではなくて良かったです、本当に。まだまだ長生きしてもらわないとね。

それと、生活に変化がありました。今は2人暮らしです。母に背中を押されて、家を出て彼と暮らしています。猫も飼ってたりして。猫は新しい家族の一員ですかね。
実家にも猫はいて、こちらもまたかわいいことこの上なし。これまでは実家の猫がいて当たり前の生活でしたが、離れると寂しいです。母親と話して連れて行くことも考えたけれど、もう実家に慣れているし、逆にかわいそうかなぁと。
実家に帰ってくるとお出迎えしてくれます。彼の家の猫はまだ小さいので、実家の猫を見ると「でかっ!」と思いますが、やっぱりかわいいのは変わりなくて。彼もよく実家の猫に会いたがります。愛嬌があるんですよね。

とはいえ、彼の家の猫、ルナちゃんもかわいくてたまりません。もちろん、きちんとお世話してますよ~。おてんばな女の子ですが、甘えん坊でもあります。仕事がない日は、ずっとルナと一緒。傍らでゴロゴロと喉を鳴らしながら眠る姿は本当にキュートですな。・・・書き始めると親バカになるので、この辺にしておきますw 
今日は彼も私もおでかけなので、はじめて長時間のお留守番。心配だけど、帰ったらいっぱい遊んであげようと思います。

彼も病気を乗り越え、復職しました。よく頑張ったなぁと思います。秋に一度大きな喧嘩をしてしまったけれど、共通の友人が中に入ってくれて、元に戻りました。持つべきものは友、ですね。やっぱり、友達は大切にしなきゃいけないなと再認識。本当に感謝です。
友達だと思っていた人が実はとんでもない人間だったってこともありましたが(苦笑)まぁ、それもひとつの勉強ですね。そういう人は、反面教師にしていきます。

心の調子は、安定する時もあれば不安定な時もあり。こればかりは仕方ないです。上手に付き合っていくしかないのかな。不安定さが原因で仕事に支障をきたすことだけは絶対やらない!と決めているので、心をスパッと切り替えて、時には薬や点滴の力を借りて頑張ってます。

まぁいろいろとありましたが、総括すれば幸せな一年だったなぁ。来年も良い年だといいな。
来年も、変わらずマイペースで頑張ります。

皆様にとっても、来年が良い年でありますように。

|

2014年11月 2日 (日)

退院決定

粘着があまりにもしつこいので、コメントを受け付けない設定に変えました。
ただ、かわいそうな人だなぁ・・・と思います。これまでは笑って見てましたけど、ここまでくると、逆に哀れみの感情が出てきます。
ツイ垢まで見ているようなので、鍵設定。ブロックが楽にできてよいですね(^_^)

個人攻撃って楽しいのかなぁ?誹謗中傷して、こちらが傷ついてると思って自己満足してるのかな。違う世界の人の考えはよく分からないです。ただ、前にも書いたようにかわいそうだなぁ・・・と。

‐‐
さて、本題。
父の退院が決まりました。連休明けには家に戻れるとのこと。本当に大事に至らず安心しました。ただ、足を打撲しているようで、車の運転はしばらく無理そうです。しばらくゆっくり過ごして欲しいと思います。

事故の内容は、道路を横断中に車に轢かれてしまった状況です。相手の車のスピードがあまり出ていなかったのが幸いでした。相手の方は近所に住んでいて、家も知っているという・・・(汗)病院に運ばれた際、相手のご家族が総出で来ていてびっくりしました。父に直接謝罪したいとおっしゃっていたのですが、HCUにいたため丁重にお断り。命に別状はないので、安心してください、とお声をかけ、夜も遅かったので母と相談の上、帰っていただきました。

母の話だと、父も最近せわしなく行動するようになったようなので、せかせかしていたのかもしれません。夜の道は危ないと認識したことでしょう。父の状態がそれほど重くないと知ってから、母から父の愚痴を聞きました(笑)まぁまぁ、そこは退院してから釘を刺しておけばいいんじゃないの?となだめて、迎えを兄に頼んで帰宅。
家に着いたらどっと疲れが出て、猫にご飯をあげた後、朝まで熟睡。次の日の仕事がキツかったです(^_^;)

母は相変わらずおかんむりの様子ですが(苦笑)大事に至らなかったことが何よりです。

家の猫を本当に猫かわいがりしている父なので、家に帰ってきたら猫たちも大喜びするんじゃないかな(^_^)

|

2014年10月31日 (金)

父親の入院

父親が車に轢かれて救急搬送されたとの連絡が入り、たまたま仕事が休みだったので、母親と共に搬送先の病院へ。
詳しい情報がなかったため、とにかく無事を祈ってました。
途中で兄に連絡を入れ、急いで病院へ。

駆けつけたところ、頭部からの出血はあるものの、意識ははっきりしていて一安心です。
頭部を数針縫い、数日間の入院となりました。
まだ血の塊が頭部の中に残っているようで、様子を見ながら手術をするのか決めるようです。

幸い骨折もなく、身体も動くので少し安心しました。早く元気に回復して欲しいと願っています。
とにかく突然の事だったので本当にびっくり。不測の事態ってこういう事を言うんだなぁって思います。

家から病院まで何回か往復しましたが、どっと疲れが出ました。
明日は早くから仕事だから、ゆっくり休んで頑張ろう♪

あ、あと。可哀想な人、特定できました。カッとなるとボロが出るんでしょうね。何度も言うようですが、今後は一切スルーで相手にしませんのであしからず。何をコメントしようが、痛くも痒くもありませーん。残念ですね(笑)この方に関しては、これでおしまい、ということで。

今日は安堵の気持ちでぐっすり寝れそうです(^-^)

|

可哀想な人からコメントが来たので

全然更新してなくてスミマセン。元気に生きてます。

可哀想な人からコメントが来たので、暇潰しにお返事してあげますね。

--
鬱病の人間って、本当によの世の中に不必要ですよね。
よくそんな自慢できないことをヘラヘラと書きますよね。
早急にキモ男と心中してください。
恥を知った方がいいですよ。
--

あのー、日本語わかりますか?
残念ながら、私は「よの世の中」なんて所には生きてないんで。
ちゃんと勉強してから来てくださいね。
恥を知ったほうがいいですよ(笑)

blogというのは、ある意味自己満足の世界です。法に抵触しなければ、好きなことを書いていいものだと思っています。言論の自由って学校で習いましたよね?あ、分からないかなぁ?難しい言葉使ってごめんなさいね。分からなかったらググってください。

心中ですかぁ。そういった趣味ないんで、ごめんなさい。
あなたには不必要とされても、ありがたいことに私なんかを必要としてくれる人達がいてくれるんですよ。まぁ、あなたみたいな人に不必要とされるのは、かえって大歓迎なんですけどね。
心の汚い人は大嫌いなんで。


--
で、警察はどーなったんですか?
被害も受けてないのに被害届って、当然受理されないですよね。
ひょっとして、嘘ついて被害届出そうとしたんですか?
--

あれ~、気にしてくれてるんですか?消えて欲しいのに?(笑)言ってること矛盾してますよ~。気にかけてくださってありがとうございます♪


--
あのね、キモ男がどんなこと言われたかしらないけど、言われるってことは、何かしらのそれ相応の事をやってたの。
何で反省もしないで主張だけするんですか?
バカなんですか?
--

私がいるこの世には、完璧な人間なんて存在しません。誰しもが、改善すべき部分を持っています。もちろん、彼にも直さなければならない点があります。そこはきちんと話して振り返り、反省して直すべきものです。
論点が元々ズレまくっているのですが、酒に酔った勢いで誹謗中傷することに対して、私は憤りを感じています。匿名でこのような投稿をするあなたと同じですよ。同類ですね(笑)


--
ヨーク考えてから、消えてください。この世の中から。
--

ふーん。よく考えなくても消える必要はないし、私は生きていたいので消えません。あなたのテポドン並みなズレまくりの発言、かつ心の狭い人間のために消える程、暇じゃないんで。ご期待に添えずごめんなさいね。

私から見たら、あなたは可哀想な人です。残念な人、とも言えるかな。
反論するのであれば、きちんとメルアドを晒した上でしましょうね。公共の場で、あなたの発言は目汚しでしかありませんよ。
心の病で苦しんでいる人は、たくさんいます。そういった人達があなたのような発言を見てどう思うのか、理解できませんか?まぁ、できないからこういう事が言えるんでしょうね。

老婆心ながら、申しあげます。
相手の立場に立って物事を考えられる人になりましょう。そうでなければ、あなたの周囲にいる人達は居なくなり、孤立しますよ?だから、私はあなたのことを本当に可哀想な人だなぁと思います。

そして、今回の発言で私にダメージを与えたかったのかもしれませんが、痛くも痒くもないです。残念でしたね(笑)

更新も怠っていたし、暇だったんで相手してあげました。
あとは、こういう可哀想な人もいるんだなぁという事で。

あなたも働いてるなら暇じゃないでしょうし、もう相手にする気もないんで。暇潰しをありがとうございました(笑)

|

2014年7月 9日 (水)

転院先での扱いの酷さ

目の調子も落ち着いてきたので、家から近い病院へ転院。するつもりだったんだけど・・・。
一応紹介状も作ってもらって、行ってはきた。だけど、扱いが酷すぎる有り様で元に戻ろうかと考え中。大きい病院なんだけれど、なにそれ?っていう言い方ばかりされている。

まずは、神経内科。もちろん、経過などを詳細に書いてもらった紹介状を持参。前の病院で撮影したMRIを診てもらい(軽く眺めてた程度)、目の症状と耳の状態を話した。その後に、医師が足を組みながら一言。

「うちで診るところは特にないね。体重ぐらいかな」

・・・??
あのー、紹介状に書いてあること理解してる?
念のためにCT撮っておく?とは聞かれたけど、眼科の診察後で良いです、と答えた。医師は終始足を組んだまま。5分診療で、MRIただ眺めてただけなのに画像診断料とかで2500円取られた。どれだけボッタクリなんだよ・・・。3ヵ月後にまた再診って言われて、もう行かなくてもいんじゃね?と思った。

次は、眼科。もちろん、紹介状を持参。診察時にちょうど右目が痛くてしょうがなくて、その話もする。ひととおり検査はしたけど、医師は首をかしげながら。

「原田病とか、特発性頭蓋内圧亢進症とか、分からないんだよね」
「そもそも、なんで視神経が腫れたのかが分からないなぁ」
「右目が痛い原因も分からない」

・・・???
この医師、終始分からないを連発。呆れてものも言えない。医師なのに分からないっていう回答が許されるんだ、へぇ。で、目薬を処方されてたので、目薬を差しても痛みが止まらない話もしたんだけれど。

「この症状じゃ、目薬を差す意味ないよね」

はぁ。。。そうですか。
神経内科ではなんて言われたの?と聞かれたので、体重管理のことを話し、ついでに禁煙外来があるか聞いてみたところ。すごいやる気のない言い方で、

「・・・あるんじゃないんですかねぇ」

オマエの病院内のことだろ、おい!と突っ込みを入れたくなった。

あとは、目が悪いならメガネかけて仕事したほうがいいでしょ、って言われたから、さすがに目が痛くなって昨日はメガネかけて仕事しましたって答えたら。

「え?メガネいらなくない?」

とか返事されて「どっちですか?!」と半分キレた私。長々と釈明の説明してたけど、もうどうでも良くなった。あとは右から左に流して聞く。次の診察は1ヵ月後。
少なくとも、前の眼科では「右目の焦点が合わない症状が出ていて、それが原因で目の痛みが発生している可能性が高い」って説明されたよ。その話も紹介状に書いてあるはずなのに、華麗にスルーされた。

次。定期的に通っていた耳鼻科。
こちらはMRI撮ってもらっていたから、その結果を聞きに行くのと、難聴が今の症状に関係あるんじゃないかって前の病院に言われていたのでその話をしに行く。

聴力検査をしてもらったところ、はやり左耳に軽度の難聴が出ている。
現在の耳の症状を話して、脳圧を下げる薬を飲んでいたら一時的に聴力も回復した旨を話す。

「それなら、脳圧の問題じゃない?今後は神経内科の先生に相談してください」

・・・????

どいつもこいつも、どんだけやる気ねーんだよ!!!
と、今日も半ギレになりながら病院を後にしてきた。

こちらはあくまでも患者として謙虚な態度を取ってたけど(眼科で最後に半分キレたことを除く)。ちょっとこの扱いは酷すぎるんじゃないかなぁ、と。名の知れた大きい病院なのにね。

もっと話をちゃんと聞いてくれた前の病院のほうが良いんじゃないかなぁ・・・って思い始めて、今相談中。多分元に戻ることになるかと。

すごい混雑してたけど、なんであんな病院に患者が流れるんだろ?田舎だからかなぁ。
私は二度と行きたくないです。

|

2014年6月12日 (木)

まだまだ回復せず・・・/明日は警察

退院してからずっと通院治療(というか治療的なことは何もしてないけれど)しているが、目の回復はあまり良好とは言えない状態。
視神経の腫れは以前の酷い時よりは良くなってきているとの話だけれど、実感がない。
おまけに、先週立ちくらみから意識が遠のいている状態が続き、嘔吐と右目の霞みが治まらずに救急外来へ行くハメに・・・。
結果は、疲労から来たものだろうっていう曖昧な回答。大事を取って仕事のシフトを入れずに安静にし、一週間経過したものの、右目の霞みは相変わらず。このまま良くならないとかないよね?と、ちょっと不安だったりする。

神経内科では、ひたすら「ダイエット!」と言われ、体重が減るのを待っているところでして。入院してから少しは減ったけれど、横ばい状態。体重を減らすって大変・・・デブだからすぐに減るなんて思っちゃダメね、と痛感。
目の状態は落ち着いている(医師いわく)から、もし急変するようなことがあったら外科的手術も視野に入れないとね、と言われている。

手術の内容は、脳圧を下げるために頭蓋骨に穴を開け、チューブを通して体外へ髄液を排出するっていうもの。ただねぇ・・・本当にそれをやって治るの?っていう疑問もあったりして。無駄に穴開けるのも嫌だしなぁ。

そんなわけで、今の治療に疑問があるため転院を検討中。候補の病院はひとつあって、そこにしようかと。今の病院は家から遠いし、良くなったら近くの病院へ転院しようとは考えていたので。脳神経外科も有名なところだし。
そこで、今の病名と変わらないのであれば納得できるかなぁ。

来週の金曜日に通院予定なので、転院の話をしてみようかと思ってます。その前に右目の霞みをどうしようかって悩む。1週間続いているし、来週の頭にでも通院したほうがいいのかなぁ?でも眼科はかなり待つんだよね。加えて、この状態で仕事していいのかな?っていうのも分からず。疲れで霞みがなおさら酷くなったらどうしよう?っていう訳で、来週の仕事のシフトをどうしようかも悩み中。

目の調子はそんなこんなで、良くもなく、悪くもなく?いや、悪くなってるような気もする。


閑話休題。

明日は警察で事情聴取。って、何も違反はしていません、被害者側です。
彼が病気になったきっかけの件で、担当の刑事課長と最終確認。
この前話をしにいって、「書類にまとめるから確認して欲しい」とのことだったので、確認をしに行ってきます。
やはり、物的証拠がなく繰り返しのない行為を被害として届け出るのはかなり難しいようで。ただ、それがきっかけで彼が壊れたことは目の当たりにしているので。
あれから1年経ったけれど、彼の鬱がいきなり治る訳でもなく、心の傷だって癒える訳もなく。サポートする周囲も本当に大変だったけれど、一番の地獄を見てきたのは彼自身。家族はもちろん、彼もたくさん苦しんできた。その地獄のような苦しみを分かって欲しい、と訴えてはきたけれど・・・。

結局、警察ってお役所仕事的な部分があるよね。
今回の被害届だって、一度は追い返されたし。彼が必死に働きかけて、ようやく重い腰を上げたから。
しかも、話をしに行ってからもう半年以上経っている。時間が経つにつれて、風化しちゃうのにね。

あの事件があって以来、お酒飲まなくなったなぁ。なんとなく受け付けないというか。いい歳こいたジジイが、酒の力を借りて暴言を吐いたっていうのは、私の中のトラウマにもなっているようで。

一部で勘違いされてるようだけれど、私はお酒を全否定している訳ではなく。楽しく飲めればそれに越したことはないし、友人と遊ぶときは私だってお酒をすすめるし。それで心地よくなってくれるのはとても嬉しい。
ただ、「周囲に迷惑をかけない”責任を持てる”飲み方しましょうね」、って言いたいだけ。

異論は認めます。
あくまでもこれは私の中の考えであって、持論に過ぎません、はい。
まぁ、楽しく飲むのが一番だよね。それが結論。

さて、明日の警察はどうなることやら。そして、私の右目はどうなる?!
次回に続く・・・(多分)。

|

2014年5月12日 (月)

少しずつ始動開始

入院からもう1ヶ月経過したのかな?
治りも順調とまではいかないけれど、改善は見られるため、少しずつ生活を元に戻そうとしています。

始めるからには、まずは締めておかないところはきっちりと。居宅介護でお世話になった利用者さんと上司へご挨拶に行きました。会うのが本当に久しぶりな感じがしました。
本来はいけないのですが、事前に上司より許可を得てプレゼントを用意。ミニカー好きなAさんにはトミカを。あと、サッカーをするBさんにはNIKEのリストバンドを購入してラッピング。感謝の気持ちを込めたメッセージカードもつけて、お渡ししました。

最後までちゃんと出れなかったことをお詫びする前に、お二人とも私の体調を気遣ってくださったり、また戻ってきて欲しいとおっしゃってくださったりして、本当に嬉しかったというか、ありがたい言葉をいただきました。
お二人それぞれ、今の生活を継続するために努力が必要なこととか、新たにステップアップするためのチャレンジに向けて頑張っていらっしゃいます。ぜひ続けてくださいね、応援しています!とお話しました。

最後は上司へ挨拶。また戻ってくることがあるかもしれないけれど、その時は必ずパワーアップして帰ってきます!と伝えました。上司には、入浴剤セットを購入してお渡ししました。いつでも戻ってきてください、という言葉がまた嬉しかったです。

フルタイムとはいかなかったけれど、約4年続けてこられた仕事。きちんと信頼を得ることができて、私自身の自信にも繋がったかなぁと思います。

そして、これまで休養していた児童デイの仕事。来週より条件つきで復帰します。条件というのは、

 ・平日午後のみ(通院日の金曜日は除く)
 ・重いものを持てないため、身体介護の必要なお子さんのサポートは無理

の2つです。週4で午後のみの勤務って感じです。これでしばらく様子を見ます。
リーダーに話をして了承は得ており、「また体調に変化があったら教えてください」とも言われているので、これで無理そうだったらまた相談をして日数減らしていこうかなぁと。
本当は走るのもダメなんですけど、そんな悠長なこと言ってたら仕事ができないし、何よりも働かないと生活が苦しい・・・。
あとは、お子さんと触れ合い、笑顔を見るのが何よりの特効薬なので。今から再開が楽しみ。その前に、覚えててくれてるかなぁ?っていうのが心配です。1ヶ月しか勤務してないからなぁ(涙)

そんな感じで、ぼちぼちと無理しない程度にやっていきます。

|

2014年4月24日 (木)

退院しましたぁ

月曜日に退院しました♪

入院してから色々と検査をしましたが・・・。
最初の頃は、検査の後に気持ち悪くなって倒れるパターンが多かったです。
神経内科のほうで診断されたのが、「特発性頭蓋内圧亢進症」です。
頭の髄液、内圧が上がってんじゃね?ってことらしいです。

しばらく薬を飲んだところ、激頭痛→ソフトな頭痛に変わりました。
あと耳鼻科の診察も受けたのですが、聴力上がりました。
このせいだったんですねぇ・・・。
おまけに、起立すると目の前が一瞬暗くなる症状も消えました。
いいことですな。

まー、デブだとなりやすいらしいですね、アハハハッ(汗)
神経内科の先生は、とにかくダイエットだ!と耳にタコが出来るほど言ってました。

肝心の眼科ですが。
目の腫れている原因は未だ不明です\(^o^)/
こちらは頭蓋内圧亢進症のせいではないらしく。
視神経の病気を疑って、目にステロイドの注射をしました。
おかげで右目にうっ血ができてます・・・見た目怖いですけど、コワクナイヨー。
明日診察で様子を見てもらい、多分もう1回打つのかな?
あの針が迫ってくる感じ、怖いんですよねぇ。
まー仕方ないです。

それでも効果がなかったら、どうなることやら・・・。
また報告しまーす。遅くなったらゴメンネ(;´Д`)

|

2014年4月10日 (木)

ただいま入院中です

目が見えづらいので、耳鼻科でお世話になっているN病院へ。しかし、「紹介状ないとダメよ」と門前払いをくらいましたOrz

仕方ねぇなぁ・・・と、そのまま地元のS病院へ。 紹介状ナシでも診てくれるけど、2時間待ち。その後、診察。

「目に炎症が起きてるねぇ、入院してもらうかも」

な に そ の 急 展 開\(^o^)/

眼底写真を撮ったり、いろいろ検査。めっさ疲れる。昼ごはん食べて患者さんが誰もいなくなった頃、検査結果を聞く。

疑われてるのが、原田病。

4日に耳鼻科の病院で輪切りしてきたけど、再び輪切りの刑 。脳に異常ナシ。

その後、再び結果を聞く。やっぱり原田病の疑い。 眼底写真とか、目の断面写真?を見せてもらう。半端なく腫れてるんですけど(´;ω;`)
とにかく目の炎症が酷いので、即入院を言い渡される。 基本2週間入院、ステロイド剤のパルス療法をするとのことで。

仕事先に電話してー、彼に電話してー、家に電話してー 。

家に戻って入院の準備。父親の車で再び病院へ。 そしたら、先に彼が待っててくれてびっくりした。
彼に診察結果のこととかいろいろ話す。 目が痛いから、蒸気のアイマスク欲しいなぁ〜とお願い。

彼撤退後、夕食。その後、先生からお話があるとのことで。

「ステロイドの副作用でうつ病が酷くなる恐れがあるから、精神科併設の病院がいいよ」

「はぁ、わかりました。」

退 院 決 定\(^o^)/

先生のほうで、転院先探しでいろいろ連絡を取ってくれたんだけれども。 S十字病院は「うつ病酷くなってから来ればいいじゃんw」と やる気のない答え\(^o^)/
その病院とのやりとりで時間がかかり、もうひとつの病院は連絡が入れられず。 入院できるかどうかわかんないけど、H病院への紹介状などを貰って帰る。

翌朝、H病院へ紹介状を持って向かう。 地域連携室に出したら、「眼科予約制だから無理かも」 とふざけたことを言われて呆れ顔。 S病院からも連絡してくれたらしいけど。

でも最終的には診てもらえることに。

眼科部長宛の紹介状だったのに、診てくれたのは違う先生。 まぁ良いけどさ。 また目の検査をして、神経内科に回される。 問診と、S病院で撮ったMRIの確認。 異常なしとのこと。念のため髄液検査をすることになる 。

昼飯食べて髄液検査、なかなか髄液が取れない(。>д<)

グリグリされてー、刺されてー、悲鳴上げてーw の繰り返しで、1時間後ぐらい?にようやく取れた。

最終結果を聞くため、父親が合流。 結果。

「原因不明です」

え?

ええ?

不明とか?

な に そ の 回 答\(^o^)/

所見では、原田病の特徴が見られないそうで。 目に水が貯まってたり、髄液の細胞が増えていないとか 、いろいろと。 なので、金曜日に踏み込んだ検査をして、判断したいそうで。

原田病じゃなかったらなんなの?と聞いたら、 視神経炎かもね〜だって。

S病院の先生は、早めにステロイド治療したほうがいい、って言ってたんだけど、 「いきなり進行する訳じゃないから大丈夫」 って言われた。
あのー…目、どんどん見えづらくなってるんすけど?

家に戻って作戦会議。 金曜日の検査でもワカンネとかほざいたら、 どーでもいいからステロイド治療始めて!と進む。 それでも無理って言われたら、S病院へ戻って治療する。 うつ病酷くなったら、S十字へ転院させてもらう。

会議終了、彼に電話。

電話が終わって、さて寝るか…っつーときに、腰に激痛 (。>д<) 髄液取った部分が痛くて死にそう。

H病院の救急外来に電話、一言「来てください」って言われてガチャ切りされたぉ(´・ω・`) あんなとこ、もう行きたくなーい!!って言ったけど、 親に連れられて救急外来へ。

ここからは、意識半分飛んでて覚えてないww

神経内科の先生が来てくれて、入院ケテーイ。

本 末 転 倒\(^o^)/

翌朝、ベッドから動いちゃダメ→車椅子移動オッケーになる。
腰のMRIを撮ったら、ヘルニアも診てくれた。やっぱりヘルニアだったどん!!

同時に眼科の検査もしてもらったけど、具合悪くなってダウン。入院2日目、夕飯食べられなかった。

明日、もうひとつ眼科の検査をして、最終結果と治療方針が決まります。

しかし…新しい仕事始めて1ヶ月しか経ってないのになぁ。首飛ぶかも(涙)介護の仕事も、最後の月だったのに。中途半端な形で終了になっちゃった(´・ω・`)

なんだかなぁ…って感じです。
明日どうなるか分かるので、その結果次第ですね。なっちまったもんは仕方ないって腹をくくります( ̄∇ ̄)ノ

|

«マイペースに、一歩一歩